基礎から英語を学ぶ大学生・社会人にオススメの単語帳23選

「これから英語学習を始めたい。とりあえず単語帳を買おうと思っているけど、量が多すぎて選べない...

この記事の対象者は以上のような悩みを抱えている方です。本記事では、0から英語学習を始めたいと思っている大学生・社会人にオススメの単語帳を「英語学習の目的別」に紹介します!

単語帳はどうやって選ぶ?

単語帳を探しに本屋に行くと、こっちが困るくらいたくさんありますよね。「どれ買えばいいの?」と店員さんに聞きたくなります。

なので、最初に単語帳を選ぶ基準を解説します。結論から言うと以下の4つです。

・目的はなにか

・レベルが自分に合っているか

・デザイン好きかどうか

・音声が付いているかどうか

1つずつ見ていきましょう。

①目的はなにか

みなさんの英語学習の目的によってどの単語帳を使うのがベストか変わります。英会話、TOEIC、TOEFL、IELTSなど。

まずは目的をはっきりさせてから単語帳を選ぶことで単語帳選びを迷うことがなくなりますし、ミスマッチが起きにくいです。

②レベルが自分に合っているか

単語帳は難しすぎても易しすぎてもいけません。自分の英語力に適した単語帳を選びましょう。

なお、本記事では単語帳のレベルも記載しているので参考にしてください。

③デザインが好きかどうか

単語帳はカラフルな方が好き、シンプルな方が好き、など覚える上で意外と重要な要素がデザインの好みです。あまり気にならないという方もいるかもしれませんが、極端に単調なデザインだと覚えるのが退屈かもしれません。

本記事で可能な限り単語帳の中身を載せているので参考にしてください。

④音声が付いているかどうか

英単語を覚えるときに音声を使わなかった方もいるかもしれませんが、絶対使ったほうがいいです。

  • 音声は絶対に活用すべき

音声を使うメリットは以下のとおりです。

  • 移動中に単語帳を開けなくても音声だけ聞いて勉強できる
  • 発音を覚えることでリスニング力が上がる

音声をスマホやウォークマンにダウンロードしておけば、電車の中で音声を聞くことができます。文字を見ずに音声に集中しているので、おのずと聞き取る力も上がります。

隙間時間で勉強できてリスニング力も上がるので一石二鳥です。

0から勉強する人にオススメの単語帳【中学レベル】

先ほど「英語学習の目的によって単語帳が変わる」と言いましたが、とはいえ最低限のレベルの単語帳は変わらないです。

ここで紹介する中学レベルの単語帳をマスターしてから、目的別の単語帳に特化するのがベストでしょう。

結論から言うと、以下の4冊です。

 ①中学英単語をひとつひとつわかりやすく。

単語帳を読んで「字ばっかり書いてあって覚えにくい!」という方に1番オススメなのが、『中学英単語をひとつひとつわかりやすく。』です。

下の画像を見てください。単語一つ一つにイラストが描いてあります。他の単語帳を使ったことがある方は分かると思いますが、こんなにイラストがある単語帳はありません。

画像出典:https://www.amazon.co.jp

直感的にイメージできるので、暗記が苦手な人はぜひ使ってみてください。

②世界一わかりやすい中学英単語

『世界一わかりやすい中学英単語』の良いところは、発音がカタカナで書いてあることとSVOCが書いてあることです。

英語学習を始めたばかりの頃は、発音記号が読めないので単語の発音が分からないと思います。発音を知っておくとリスニングにも役立ちますし、「英語を話せるようになりたい!」と思っている方は正しく発音出来なければいけませんね。

SVOCに関しては、「なにそれ?」という方も多いと思います。これは長文を勉強するのに必要な知識なので、今はスルーで大丈夫です。

ただし、1つ難点があり、中学レベルにしては例文がやや長いです。根気強く勉強出来る方にはオススメです。

③中学版システム英単語

『中学版システム英単語』は、シンプルイズベストという感じの単語帳です。掲載されている単語をいくつか使った例文が用意されているので、例文を覚えれば一文で単語をたくさん覚えられます。そのため、効率よく単語を覚えたいという方にオススメです。ただ、ちょっと無理やり感がたまにありますがw

画像出典:sundaibunko.jp

④高校入試 でる順ターゲット 中学英単語1800

本書の特長は、単語がレベル別に分かれているところです。

「英検◯級の単語」と分かれているので英検を受けようと思っている方にピッタリの単語帳です!

画像出典:https://www.amazon.co.jp

英会話を勉強したい人におすすめの単語帳

ここでは、英語の資格を取るより話せるようになりたい人のおすすめの単語帳を紹介します!よって、ネイティブがよく使う表現や会話で頻繁に使われる単語が載っている単語帳が多いです!

結論から言うと、以下の3冊です。

⑤イラストだから覚えられる 会話で必ず使う英単語1100

「日本人が話す英語とネイティブが話す英語は違う」と聞いたことがありませんか?ネイティブっぽくないんです。日本で習う表現が、英語話者からすると「そんな言い方、ふつうはしないよ」と思われたりします。

このような日本で習う英語とリアルな英語のギャップを埋めるのが本書です。

スピーキングの練習をしたことがある人なら絶対共感してくれると思うのですが、日常生活で「あれ、これ英語でなんて言うんだろ」と悩むことがめちゃくちゃあります。それをすべて解決できてしまう、魔法のアイテムです。

1つ1つイラストが描いてあるので、日常の中でその場面に遭遇したら「あ、そういやこれ英語で〇〇って言うだったっけ」と意識せずとも毎日英語に触れることが出来ます。

画像出典:https//www.amazon.co.jp

⑥ネイティブが1番よく使う英会話

本書の特長は、日常生活の場面ごとに英文がいくつか用意されているところです。

「こういうときにはこう言えばいい」と丸暗記できるので、短期の留学や海外旅行に行きたい人にはコスパ良く学べるのでおすすめです。

ネイティブが1番よく使う英会話 一日まるごとミニフレーズ500
ネイティブが1番よく使う英会話 一日まるごとミニフレーズ500

画像出典:https://www.amazon.co.jp

⑦毎日の英単語 日常頻出語の90%をマスターする 

本書では、ネイティブが日常で使う751個の単語が収録されています。かなり役に立つ本ではあるのですが、発音記号が載っておらず、また「90%は言い過ぎじゃないか?」と思いました。良く言えばコンパクトに収まっているので、発音の勉強をした方なら取り組んでみてもいいんじゃないかなと思います。

TOEIC受験者にオススメの単語帳

ここからはTOEIC、TOEFL、IELTSと資格別にオススメの単語帳を紹介します!ここで紹介する単語帳は、あくまで「基礎的な単語は知っていてその上で特化するための単語帳」なので、中学・高校基礎レベルの単語を知らない人がTOEIC用の単語帳で勉強しても点数は伸びません。

それを踏まえて、TOEIC受験者にオススメの単語帳は以下の2冊です。

⑧⑨出る単特急 金のフレーズ/銀のフレーズ

知ってる人も多いかもしれませんが、TOEICの単語帳ならこれが最強です。ちなみに金は銀より上級者向けです。

具体的には、銀フレは600点まで、それ以上を目指すなら金フレまで覚えましょう。

構成は「〇〇〇点レベル」と分かれており、目標点が決まっている人は特に取り組みやすいと思います。

ただ、先ほども書いたように「TOEIC特化の単語帳」なので基礎の単語は0から勉強する人にオススメの単語帳を終わらせてから金フレ/銀フレを買ってくださいね。

TOEFL受験者にオススメの英単語帳

続いて、TOEFL用の単語帳を紹介します。結論から言うと、以下の3冊です。

⑩TOEFLテスト でる単5000

本書は、なんと言っても同義語がめちゃくちゃ充実しています。単語の右にいくつか他の単語が書いてあるのが同義語です。単語を1つ覚えると思いきや、実は3〜5つ一緒に覚えられるのが本書の最大の魅力です。

また、画像2枚目のように分野ごとに単語が載っているので、TOEFL問題集を解いて出来なかった分野を復習するために使うこともできます。

画像出典:https://www.amazon.co.jp

⑪TOEFLテスト英単語3800

こちらはTOEFLの単語帳でAmazonベストセラーになっているほど人気です(2022年3月時点)。

本書は、あるテーマの長文の中で単語を覚えていく形式になっています。TOEFLに限らず、英語の記事や英字新聞で見かける単語が多いように感じます。

ただ、一部のユーザーから「使いにくい」「説明が足りない」という声もあるようです。

画像出典:https://www.amazon.co.jp

⑫TOEFL TEST 必須英単語5600

めちゃくちゃ単語数が多いです。ただ5600個あるわけではないので、どうして5600なのか分かりませんw

単語を覚えるというよりは、リーディングを鍛えるための単語帳です。英文はかなり難しいので初学者にはキツいです。

IELTS受験者にオススメの単語帳

続いて、IELTS用の単語帳を紹介します!IELTSは10冊あります!

⑬実践IELTS英単語3500

ぶっちゃけ、IELTSの単語帳はこれが最強です。

まず見やすくデザインに無駄がないです。発音記号もきちんと書いてあり、例文もきれいに収まっています。また右上の人(衛兵と言うらしいです)の位置で学習進度がひと目で分かりますね。

なにより、本書に載っている単語の出現率がめちゃくちゃ高いです。資格対策の単語帳としては最高ですよね。

無料音声が付いているのでリスニング対策も並行してできます。

画像出典:https://www.amazon.co.jp

さらに、英語系YouTuberの「Atsueigo」さんもIELTS対策として本書を使用していたそうです。

ひとつ注意するところを挙げるならば、対象レベルがIELTS5.0〜7.5なので高校レベルの単語をある程度知っていないと難しいです。

⑭文脈で覚える IELTS英単語

「文脈で覚える」と言っているように、長文の中で単語を覚えていくことができます。様々なテーマの長文を読むことで、それだけでもIELTS対策になります。TOEFLやIELTSでは、幅広いテーマが出題されますからね。読んでいてシンプルに勉強になるのでオススメです!

1-4

画像出典:https://www.amazon.co.jp

⑮IELTS必須英単語4400

単語が3300個、熟語が1100個掲載されています。網羅性はめちゃくちゃ高いので、ガチガチに対策したい方はオススメです。

⑯IELTS必ず☆でる単スピードマスター

本書は、単語単体で覚えるというよりコロケーション(フレーズ)で覚えることに重きを置いています。

コロケーションとはその単語と相性のいい単語の組み合わせです。例えば、日本語で言うと「穿く」という動詞だけでなく「ズボンを穿く」「パンツを穿く」というように「穿く」がよく使われる形のことです。

コロケーションで覚えると単語の使われ方がイメージしやすいだけでなく、スピーキングに役立ちます。

また、1500語と少ないので「高得点を目指すわけではないが、IELTSを受けなければいけない」という方はコスパ良く勉強できます!

⑰Cambridge Vocabulary for IELTS

本書と、次に紹介する『Cambridge Vocabulary for IELTS Advanced』はすべて英語で書かれています。そのため英語脳を鍛えたい人はかなりオススメです。同じくすべて英語で書かれている『English Grammar in Use』を使っている人は気に入ると思います。

単語の網羅性も高くIELTS対策本として良書なのですが、かなり割高なのが痛いです。本書とAdvancedどちらも買ったら1万円ほどになるので、英語学習が大好きでこれくらいの出費はいとわないと言う方は買って後悔しないと断言できます。

⑱Cambridge Vocabulary for IELTS Advanced

『Cambridge Vocabulary for IELTS』よりレベルが高いので、買うならセットで購入することをオススメします。IELTS7.0点以上を目指す方に丁度いい単語帳です。

⑲Check Your English Vocabulary for IELTS

こちらもオールイングリッシュで書かれています。

フレーズで暗記することに重きを置いており、繰り返し音読すればスピーキング上達にも役立てることができます。

⑳分野別IELTS英単語

本書はIELTS7.5以上を目指す方が対象です。基礎レベルの語彙は収録されていないのでご注意ください。また、コロナウイルスに関する例文もあり最新情報を取り入れています。TOEFLやIELTSではテーマが決まった長文が出題されるので、流行の話題を掴むことが大事です。

㉑ビジュアルで覚える基本英単語

「ビジュアルで覚える」と謳っているように、挿絵がたくさんあります。

文字ばかり見るのは苦手で、視覚的に覚えたいという方にオススメです。

画像出典:https://www.amazon.co.jp

㉒はじめてのIELTS 単語対策 3600

「はじめての」とあるように、初心者向けの単語帳です。「あまり英語を勉強してないけど、IELTSを受けれければいけない。でもあまり時間がない...」という方は本書をオススメします。

やりがちな間違った単語の覚え方

ここまで様々な単語帳を紹介してきましたが、いくら良い単語帳を使ってもやり方が悪いと一向に覚えられません。

そこで、多くの人がやっている間違った単語の覚え方を2つ解説します!当てはまっている方がいたら要注意です。

結論から言うと、以下の2つです。

  • 書いて覚えている
  • 一周で覚えようとする

書いて覚えている

みなさんが中学生、高校生の頃に学校で「英単語は書いて覚えなさい」と教わったかもしれませんが、残念ながら書いて覚えるのはNGです。書くのではなく声に出しましょう。

ではなぜ書いて覚えるのはいけないのか?

理由は、シンプルに非効率だからです。単語を1回書く間に5回は声に出せますよね。書いて覚えるとノートが単語で埋め尽くされて「勉強した感」が出ますが、圧倒的に声に出して覚えるほうが効率的です。

一周で覚えようとする

一周で覚えようとすると、前の日に勉強した範囲が忘れていないか不安で前に進めなくなります。

単語帳は何十周もして覚えるものです。正直、一周で覚えるのなんて無理ですw

なので、最初はあまり覚えられなくても「まあ次の周で覚えればいっか」とスルーして大丈夫です。

詳しくはこちらで解説しています。

英単語を覚えられない人がやりがちな勉強法2つを解説!

こんなことで悩んでいませんか? そんな悩みを解決すべく、これを読んでいる皆さんがやっているかもしれない英単語の間違った勉強法と正しい勉強法を解説しようと思います…