こういう人は浪人しても失敗します。失敗する人と成功する人の違い

第一志望に落ちて浪人するか迷っている。でも落ちる可能性もあるしどうしよう...

こんな方に向けた記事です。浪人するつもりはない、という方はすみません。そのような方にとっては価値のない内容です。

私は現役で学習院大学に入学しましたが、第一志望は明治大学でした。当時の心境は以下のとおり。

「うわ、明治に落ちた最悪だ...絶対受かると思ってたのに...。受験勉強を始めるの遅かったし、もっと時間あったら絶対受かったよな。もう一年勉強しようかな。ただ、受かる保証は全くないし、いろんなこと我慢して大変だったから迷うな...」

こういう悩みを持つ方に向けて記事を書いています。

ちなみに、私自身も大学1年生のときに仮面浪人をして失敗しているのでその経験を基にお話しします。

浪人失敗する人の特徴

浪人失敗する人の特徴は、結論以下の3点です。

  • 浪人するか迷っている
  • 現役時に浪人前提で勉強していた
  • 現役時に本気で勉強していなかった

では1つずつ見ていきましょう。

①浪人するか迷っている人

浪人するか迷っている人向けの記事でこんなことを言うのは本末転倒になってしまいますが、迷っている時点で止めたほうがいいです。考えてみてほしいのですが、どうしても第一志望の大学に行きたくて他の大学では絶対イヤだ、という人は迷わず浪人しますよね。行きたい大学がモチベーションになっているので途中で投げ出す可能性も低いです。

反対に、浪人するか迷っているような人がプラス一年間の受験勉強を耐えられると思いますか?

周りは楽しい大学生活を送っている一方、自分は受験勉強。

このギャップに耐えられる自信のない人は諦めて滑り止めの大学に行きましょう。

②現役時に浪人前提で勉強していた人

高3の時に成績が上がらず、「浪人すればいいや」と半ばあきらめていた人です。こういう人はどうして浪人失敗するのか。

それは、浪人しても同じ考えに至ってしまうからです。

大学受験は、受験本番まで何が起こるか分かりません。E判定でも受かったという人はいます。それなのに受験をする前から諦めている人が浪人して成功するでしょうか。きっと、浪人しても直前期に伸び悩んで「もう一浪すればいいか」と思ってしまいます。

③現役時に本気で勉強していなかった人

これは浪人前提で勉強していた人と似ています。なぜこういう人が浪人失敗するかというと、現役で勉強しなかった人は浪人しても勉強しない可能性が高いからです

「友達は大学生になっているのに自分は受験勉強している」という状況に焦りを感じればいいのですが、人はそう簡単に変わりません。現役時と同様に怠惰な生活を送る未来は見えている人は浪人しない方がいいです。

浪人成功する人の特徴

基本的には、以上に当てはまらずに一生懸命勉強していれば悪い結果にはならないでしょう。

①浪人するのをためらわない人

浪人の最大の敵は、モチベーションです。浪人して最悪のパターンが、「やっぱ浪人しなきゃよかった...」となってしまうことです。

「絶対に行きたい大学がある、そこに行くまではいくらでも浪人する」という心意気の人はモチベーションがめちゃくちゃ高いので浪人して後悔する可能性は低いでしょう。

②現役時に全力で勉強していた人

「受験勉強に耐性がある」という意味では、現役時にサボっていた人より成功しやすいです。

しかし、「全力で勉強したからこれ以上成績が上がりそうもない」という人は浪人しない方がいいです。

ただ、本当に全力で勉強していたら浪人しようとも考えないと思いますが、、

浪人を成功させるためには?

ここまで読んで、それでも浪人を決意した方に向けて浪人を成功させるためのアドバイスをしようと思います。

①3月から勉強を始める

3月に合否が分かる国公立志望の人でも、3月末からは勉強を再開してください。

よくいるのが、「受験勉強で一旦疲れたから息抜きして、4月から始めよう」という人です。

自戒の念も込めて言いますが、受験に落ちた人は、受験においては「敗者」です。

休んでいる暇があるなら、一年後に次は負けないように周りに差を付けましょう。

②現役時の失敗を繰り返さないようにする

浪人することを決めて最初にするべきことは、「なぜ落ちたのか」を考えることです。

私の場合は、

・休日の勉強時間が少なかったから

・スマホを使いすぎたから

・古文を適当に勉強していたから

・政経の問題集で間違えたところをそのままにしていたから

・シャドーイングをサボっていたから

などです。

次に、これらを潰すためにはどうすればいいかを考えてください。

私の例では、

・日中はスマホの電源を切る

・古文に毎日2時間割く

・問題集で間違えた問題は白紙に書き出して定期的に復習する

・シャドーイングに毎日1時間割く

などです。

③周りに流されない

浪人失敗エピソードでよく聞くのが、現役で大学に行った友達と遊んでばかりで勉強しなかったという話です。予備校に通っている人は、サボっている人とつるんで勉強しないパターンです。こうならないためには、ちゃんと断るしかないです。「今は将来楽しむために我慢して勉強するんだ」と思ってください。

④宅浪しない

これは家庭の金銭的な事情があるので仕方ない部分もありますが、宅浪はおすすめしません。

理由は、圧倒的な孤独です。

誰とも会話せずに一年間勉強だけするのってかなりキツいです。これは重症かもしれませんが、「笑い方を忘れた」「声の出し方を忘れた」という体験談も聞いたことがあります。私も休学して仮面浪人をした経験があり、実質宅浪だったのですが本当に辛いです。

そのため、できるなら予備校に通ったほうがいいです。どうしても通えないなら、図書館に行くだけでも違います。とにかく外に出ましょう。

やむを得ず宅浪する、という方はこちらの記事もご覧ください。

「宅浪はやめとけ」と言われているけど実際は?【結論:絶対ダメ】

こんなことで悩んでいませんか? 私は大学一年生の時に仮面浪人していました。 休学していたので実質宅浪だったのですが、上手くいきませんでした。 私の失敗経験を踏まえ…

まとめ

浪人するか迷っているくらいならしないほうがいい!

浪人を成功させたいなら早めにスタートダッシュを切り、現役時の反省を踏まえる!

ここまで読んでいただきありがとうございました!