あなたに合う大学・学部はどこ?大学選び・学部選びを徹底解説!

大学ってたくさんあるけどどうやって選べばいいの?

行きたい学部が分からない!

こんなことで悩んでいませんか?

日本には、大学は800校近くあります。

こんなにある大学の中から、あなたに合う大学を見つける方法を解説します!

しかし、一つ注意点があります。

これから志望校・学部を見つける方法についていくつか説明しますが、一つの方法で決めるのはおすすめしません。

複数の方法から、「自分はここを重視する」というものを見つけて総合的に判断してください。

また、この記事の想定読者は志望校が決まっておらず、行きたい学部が無い人です。

そのため、上記に当てはまる人に対するアドバイスは書いていません(というかありません)。

また、文理選択について悩んでいる方がいたらこちらもご覧ください。

【もう迷わない】文理選択はこうやって決めろ!後悔しない決め方3選

文系・理系どちらを選べばいいか迷っている方のために、「こういう基準で決めると良いよ!」とアドバイスします! 目次なりたい職業で決める!興味のある学部で決める!得…

大学選び

まず、大学の選び方から紹介します。

偏差値で決める!

「偏差値で大学を選ぶのは良くない!」と言う方もいますが、私は別にいいと思います。

というのも、偏差値の高い大学にいくメリットはたくさんあるからです。

偏差値の高い大学に行くメリット

①学生の向上心が高い

高学歴と呼ばれる大学の学生は、向上心が高い方が多いです。

大学院進学のために日々勉強している人、留学のために英語を勉強している人、起業している人など。

このような人達に囲まれて生活していると、こっちまで何かしようという気持ちになったり、色々と刺激をもらえます。

②就活で有利

知っている方も多いと思いますが、いわゆる高学歴の人は就活で有利です。

なぜ高学歴は就活で有利なのか?

それは、"学歴=努力の証明"だからです。

企業側は入社後に一生懸命働いてくれる人が欲しいですよね。

もちろん努力量は学歴以外でも測れますが、履歴書をひと目見て分かりやすく、勉強という全員平等なレースの結果が学歴です。

③社会的信用

ある程度の学歴があると、「しっかりしている」と思ってもらいやすいです。

もちろん学歴が低い人は社会的信用がないとは言いませんが、学歴で判断される可能性があるので学歴はないよりあった方がいいですよね。

④頭が良いと思ってもらえる

高学歴ならば必ずしも地頭が良いとは限りませんが、高学歴だとそれだけで頭が良いと思ってもらえる上に話に説得力をもたせることが出来ます。

しかし、高学歴であるが故に過度に期待され、ガッカリされたという経験を持つ高学歴の人もいます。

アクセスで決める!

キャンパスの通いやすさも重要です。

受験で初めてキャンパスに行ったら山の奥だった、なんてことにならないように事前に調べておきましょう。

大学が駅から離れているなら、電車の他に自転車やバスを使わなきゃいけなくなるかもしれないので、要注意です。

ちなみに私が通っている学習院大学は駅から徒歩1分もかかりませんw

校風で決める!

校風とは、「文化祭が盛り上がる」や「静かな学生が多い」 など学校に抱くイメージです。

自分と合わない大学に行くと馴染めない可能性があります。

「校風なんてどうやって知るの?」と思ったかもしれません。

ずばり、実際に大学に行ってみることです。

内部に入れない大学もありますが、大学の近くにいれば学生らしき人がいます。

遠くて行けない方は、SNSでその大学の学生を見つけてサークルの様子などを見てみてください。

自分と合わない大学に行くと馴染めない可能性があると言いましたが、どの大学にも気の合う人はいます。

「校風」という点に関してはそこまでシビアにならなくていいと思いますが、気になる方は調べておいた方が吉です。

憧れで決める!

「なんかかっこいいから」「好きな先輩が行ったから」「友達・親戚にドヤれるから」

最後はこのような、いわば「憧れ」です。

「そんなしょうもない理由で大学を決めるな!」と叱ってくる方が周りにいるかもしれませんが、立派な志望動機です。

なにより大学入っても後悔する可能性の低い理由なので、全くしょうもなくありません。

さて、憧れるような大学を見つけるにはどうすればいいのか?

ずばり、YouTubeやSNSで大学について調べてください。

私は勉強のモチベ維持も兼ねて大学の文化祭などの映像を見ていました!

学部選び

続いて、学部の選び方です。

忙しさで決める!

高校生に向けた記事でこういうことを書くのはどうかと思いますが...

大学に入ってからは、絶対暇な方がいいです。

最初に書いたとおり、この記事の想定読者は「志望校が決まっていない・行きたい学部がない」という人向けです。

行きたい学部がないということは、学部の授業には特に興味がないということです。

興味がない授業が忙しかったら地獄ですよね?w

ということで、行きたい学部がない人はできるだけ楽な学部を選んでください。

私は文系なので理系の学部はあまり知りませんが、おそらく理系はどこの学部も文系から見たら忙しいです。

楽な学部は大学によるのですが、経営学部や社会学部はほぼ楽です。

法学部はどこの大学でも確定で忙しいです。

就職の強さで決める!

就職が強い学部は大学によりますが、だいたい偏差値の高い学部が看板学部で就職が強いです。

法学部、経済学部は比較的強いです。

就職の強さを気にするという方は調べてみてください。

まとめ

大学を決める基準は以下のとおり!

・偏差値

・アクセス

・校風

・憧れ

学部を決める基準は以下のとおり!

・忙しさ

・就職の強さ

ここまで読んでいただきありがとうございました!